ABARTH のある景色

出先で立ち寄った神社の駐車場にて。

あまりにもカッコいいので撮っちゃいました^^)v

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 




カテゴリー: | コメントする

ABARTH 595 Competizione 燃費簿 70,71,72,73,74(’21/3/26~5/6)

当方アバルトは、595 Competizione、H30(’18/12)年式、フェーズ4、
右ハン/MTになります。 皆様の参考になれば幸いです。

(2021.3.26)、納車して70度目の給油をしました。
総走行距離: 21229  km
走行距離 : 335.5  km
給油量  : 30.37   ℓ
燃費   : 11.05  km/ℓ

(2021.4.06)、納車して71度目の給油をしました。
総走行距離: 21543  km
走行距離 : 313.5  km
給油量  : 27.02   ℓ
燃費   : 11.60  km/ℓ

(2021.4.21)、納車して72度目の給油をしました。
総走行距離: 21809  km
走行距離 : 266.6  km
給油量  : 23.23   ℓ
燃費   : 11.48  km/ℓ

(2021.4.24)、納車して73度目の給油をしました。
総走行距離: 22080  km
走行距離 : 271.0  km
給油量  : 22.65   ℓ
燃費   : 11.96  km/ℓ

(2021.5.06)、納車して74度目の給油をしました。
総走行距離: 22401  km
走行距離 : 320.9  km
給油量  : 25.31   ℓ
燃費   : 12.68  km/ℓ

 

吸気まわりをチューンしても今までに無い高燃費を維持できてます。
なので、チューンしたての燃費悪化は、やはり私の右足が問題だったようです。

今日も暑くて25℃オーバーだったので、
ここから一気に7~8km/ℓ 台に落ち込むのかなぁ。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 




カテゴリー: ABARTH 595 燃費 | 2件のコメント

ABARTH 595 Competizione 燃費簿 69(’21/3/10)

当方アバルトは、595 Competizione、H30(’18/12)年式、フェーズ4、
右ハン/MTになります。 皆様の参考になれば幸いです。

 

(2021.3.10)、納車して69度目の給油をしました。
総走行距離: 20893  km
走行距離 : 301.2  km
給油量  : 31.60   ℓ
燃費   :  9.53  km/ℓ

 

サブコン付けて前回は初の給油で燃費が悪化したように見えましたが、
今回はまずまずの結果でした。

今ヤフオクでスロコン出てるから、ちょっと興味深々。
買っちゃったら今度こそ燃費悪化するかもです^^;

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 




カテゴリー: ABARTH 595 燃費 | コメントする

アバルト名東店(長久手)移転1周年記念品

ちょっとした用事でお世話になっているディーラーへ行った際、
移転1周年記念品をもらっちゃいました!!!

 

↓↓↓このビニール袋の時点で嬉しい↓↓↓

 

 

中身は・・・

・アバルト 布マスク
・アバルト エコバック

 

 

 

↓↓↓マスクはこんな感じ↓↓↓

 

 

 

↓↓↓エコバックはこんな感じ↓↓↓

 

なんか、粗品とか他人からのささやかなプレゼントで
こんなに嬉しかったの久しぶりかも♡

大切に使わせて頂きます~。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 




カテゴリー: イベント | コメントする

(2021/2/13) 黒地に黄金サソリの限定車595 Scorpioneoroを観ました!

少し前(2021.2.13)ですが、愛知県長久手市のディーラー(名東店)で、
特別仕様で限定200台しか日本に無い
「595 Scorpioneoro(スコルピオーネオーロ)」の実車を観ました。

う~ん、確かにカッチョイイ。 ワルそうな感じがCoolですな。
例えるなら、Zガンダムにおけるジ・オみたいな存在感でしょうか?

ただ、個人的には自分の色(グレジオ・ガンボポーロ)の方が好みかなぁ。

 

営業マン曰く、当選した方が事情により購入できなくなり
余ってしまった1台だそうです。

 

欲しかった方、見てみたい方は、ディーラーに電話した上で、
まだあれば行ってはいかがでしょうか?
(見たのが1週間以上前なので、もし売れちゃってたらスミマセン)

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 




カテゴリー: | 4件のコメント

ABARTH 595 Competizione 燃費簿 65,66,67,68(’21/1/13 – ’21/2/17)

当方アバルトは、595 Competizione、H30(’18/12)年式、フェーズ4、
右ハン/MTになります。 皆様の参考になれば幸いです。

(2021.1.13)、納車して65度目の給油をしました。
総走行距離: 19736  km
走行距離 : 283.1  km
給油量  : 30.34   ℓ
燃費   :  9.33  km/ℓ

(2021.1.22)、納車して66度目の給油をしました。
総走行距離: 20079  km
走行距離 : 342.7  km
給油量  : 30.41   ℓ
燃費   : 11.27  km/ℓ

(2021.2.2)、納車して67度目の給油をしました。
総走行距離: 20326  km
走行距離 : 240.5  km
給油量  : 26.19   ℓ
燃費   :  9.18  km/ℓ

(2021.2.17)、納車して68度目の給油をしました。
総走行距離: 20592  km
走行距離 : 265.7  km
給油量  : 30.85   ℓ
燃費   :  8.61  km/ℓ

 

 

2/17がエンジンチューン後の初給油ですが、
ロコツに燃費が落ちてるっ (゚д゚)!!!

色々試したくて、ブイブイ踏んだ記憶があるので、
今回は仕方ないのかな?
あと2~3回乗ってみて、多少安定すると期待。。。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 




 

カテゴリー: ZIL 5 燃費簿 | コメントする

ABARTH595 オクヤマ製ストラットタワーバー/スチール/フロント/タイプD 取付

エンジンチューンが完成したら、取り付けようと思っていた
タワーバーをついに取り付けました。

定番のオクヤマ製タワーバー。定価40000円のところ、
ヤフオクで23000円にて落札。(ちょっと高い?!)

結構サビサビ。失敗だったかな? ヤスリがけ&サビ止め塗装しました。

 

 

<感想>

とにかくハンドルが重くなりました
自分は常時スポーツモードですが、本当に重い。
普通に信号交差点で低速左折する時とか、かなり重いです。

なので、曲がりやすくなるとよく聞きますが、
普段は重たくなった分、むしろ曲がるのがしんどくなった気が…^^;

 

一方、高速走行時は・・・まだどんなに山道とかを走っていないんで
よくわかりません。
ただ、猿投グリーンロードを走る分には、
とにかく直進安定性はさらに増強した感じ。とにかくブレず真っすぐ走ります

高速コーナーでは、重いけどなんというか素直にスッと、
これまたブレずに舵を切る感じ。

やっぱりノーマルと乗り比べないと、鈍感な私には上手に説明できないようです^^;

 

<2021/5/9 訂正>

しばらく経過しまして、ハンドルの重さにもだいぶ慣れました。
ノーマルと乗り比べてないので、「差」としては明確には分かりかねますが、
やはり格段にハンドリングは良くなってると思います。

ブレずに行きたい方向にしっかり言ってくれる感じ。

体感しやすい例として、ショッピングモールの立体駐車場で、
階数を一気に下がる際(ぐるぐる螺旋な感じでフロアを降りていく際)、
明らかに体感して良くなってるのが分かると思います。

 

 

 

<取付備忘録>

【作業性の総評】 
皆さん「簡単!」「ポン付け!」と言われますが、騙されてはいけません
本当の素人には結構なハードルがあります。

なぜなら、下記で紹介する取付穴Aは、ホイルハウスに貫通しており、
ホイルハウスの裏側に手を回してナットを押さえながら、
エンジンルーム内のボルトを締めなければなりません

←取付穴A

つまり、タイヤを外さないと作業できません。
タイヤを外せない私のような素人には、結果的に作業不可能です。

 ここから手を入れる

 裏から見た場合

↑↑↑上記赤丸がエンジンルームから来るボルトです↑↑↑
(ナットで締めるには、あそこに手が届く必要があります)

 

「お前、男ならタイヤくらい外せよ」とあきれられるでしょうけれども、
ABARTH595はジャッキポイントが曖昧な事で有名な車です。
変な男気と、浅い知識で軽率にジャッキをかけると、
簡単にBODYがひん曲がると聞きます。

ちゃんとした知識と、間違いない道具を揃えるお金を掛けるくらいなら、
私はこのホイルハウスのネジ締めだけ、プロに依頼しました。

 

※ディーラーに持ち込み、リフトで上げて頂き、本締めしてもらいました。
_リフトで上げればタイヤが下がるので、外さなくても締れたようです。

 

 

【純正ボルトの長さがダメダメ】
先輩諸兄の皆様のブログで散見されます、
タワーバー付属ボルトの長さ問題が深刻です。

結論から言いますと、私の場合は下記のボルトを再購入しました。

 

 

取付A … M8x30 (短過ぎてホイルハウスにボルト頭が出ない為)

 

 

取付B … 純正のボルトで共締めです。(追加購入不要)

 

 

取付C … M8x18 先輩諸兄のマネです。(1山しか咬まない為)

※ボルトCの長さは特殊ですが、ホームセンターHODAKA(ホダカ)であれば、
_普通にバラ売りで1本単位で購入可能です。

 

 

<組付け手順>

① ワイパー取付ボルトの隠しフタを外します。
※確か、右にマイナスドライバーをかまして、左にこじって開いた気がします。
※無理にこじると爪が折れます。(私は真ん中のを折りました)

 

 

② ワイパーを外します。

キャップをマイナスドラーバーで外します。

 

ボルトを外すと、ワッシャーがあるので無くさない様に保管しましょう。

 

 

③ カウルトップを外します。写真を取り忘れました・・・。

緑〇 … トルクスT20
青〇 … 2ピースの樹脂クリップ
白〇 … 白い樹脂クリップ。ほぼ確実に割れます。
赤〇 … 爪のような加えこみ群で、ガラス裏にスライドさせる感じ

 緑:トルクスT20

 青:樹脂クリップ

 白:樹脂クリップ

※上記の白樹脂クリップは、割れた物です。正常品はもっと形が違います。

 

 

④ タワーバーを固定するBKT(ブラケット)を取り付けます。
(固定後の写真、撮り忘れ)

 

固定孔A 【最難関!】
【総評】でも書きました通り、ホイルハウスに貫通してる孔です。
私はM8x30で締めました。

 取付前

 取付後

 裏から見た固定A

 

固定孔B
純正のボルトを外して、BKTをかまして共締めします。
たしかソケット13か10でした。

 

 

⑤ タワーバーを固定します。

※作業中の写真撮り忘れたので、上記は完成後の写真です。

 

 

⑥ ③→①の工程で元に戻して完成!

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 




カテゴリー: ABARTH 595 快適化 | コメントする

エンジンルームにサソリ1匹 追加!!!

純正のエンジンルームのカバーを外した結果、
サソリが1匹減ってしまい、寂しい限り・・・。

 

<対策>

そこで、K&NタイフーンエアインテークのBOXに
市販の金属製サソリエンブレムを追加しました!

 Before

 

 After

 どアップ

両面テープで貼ったので、熱で剥がれないかが心配です。
(今のところokですが、夏場は果たして・・・)

 

ちなみにこちらのエンブレム、オススメしません。

 

【お勧めしない理由①】

両面テープが付属されるが、白くて目立ってかっこ悪い。

 

【お勧めしない理由②】
エンブレムの裏が空洞なので、両面テープを貼っても凹んで
被着体に接地しません。仕方ないのでパテで埋めましたが、イケてません。

 

うーん、サソリ1匹あたり1馬力だと思って投入しましたが、
ちょっと微妙だったかな?!

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 




カテゴリー: ABARTH 595 快適化 | コメントする

Cool Nuts ブリーザーホース 交換

前回の記事に書きました、一連のエンジンチューン後に
ショッキングな処理が発覚しましました。

↓↓↓

結果、Cool Nuts製の ブリーザーホースに交換する事になりました。

 

 

<ブリーザーホースを変な繋ぎ方された>

まずは破損状況をご覧ください。
※エンジンルームの「ここ↓↓↓」にご注目下さい!

 

↓↓↓正常な場合はこの様な感じですが・・・↓↓↓

 ←正常な場合

 

↓↓↓今回の作業後はこうなってた↓↓↓

 ←今回の状態

無理矢理ビニールテープで裂けた穴を塞ぎ、
しかもホースバンドでひん曲げています。 絶句。。。

 

 

<作業者は何がしたかったのか?>

K&Nタイフーンエアインテークに変更後、ブリーザーホースを繋ぎ直すのですが、
純正ホースは金属製で曲がりません。

先輩諸兄の皆様も角度などを気にしながら取付けてる様です。
(だけど結局ゴムに負担が掛かり裂けるみたい)

恐らく今回の作業者は、無理矢理ホースを「くの字」に曲げて
周長を調整したんだと思います。

・・・だけど、そんなやり方アリ???
それなら、そう言って欲しかったです。「いずれ裂けるよ」「応急だよ」…等。

 

 

<対策>

このままじゃ気持ち悪くて走れません。
そこで、先輩諸兄に見習い、ドレスアップも兼ねて社外品に交換。

 

Cool Nuts スーパーフレックスホース 内径15mm レッド SF015-RE

 

※先輩諸兄によると、耐熱性はokだが、耐油の表現がどこにもなく、
ちょっと不安。だけど皆さんトラブルないようなので真似てみました。
(自己責任でお願いします!)

自分で換えようとしましたが、情けないかな CLIC R ホースバンドを外せないのと、
そもそもこういったホース類をどれくらいの力で抜いて良いか分からず。。。

取付てもらった所に持ち込み、事情を説明したら無償で取付て頂けました。

 

 

↓↓↓取付後のエンジンルームがこちら↓↓↓

さらにカッコよくなり、かつ安心で結果は大満足!!!

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 




カテゴリー: ABARTH 595 快適化 | 2件のコメント

【感想】ABARTH595 K&NタイフーンエアインテークやRace Chip GTS サブコン取付

<議題>

下記アイテムによるエンジンルームチューンを実施した感想

なお、某所で取付て頂きましたので、工賃が+3万円(税抜)です。

 

 

<パワーアップ代(理論値)>

【馬力】
K&Nタイフーンエアインテーク … +10馬力
Race Chip GTS             … +45馬力

※元々の馬力が180馬力なので、180+55=235馬力となる(ハズ)

 

【パワーウェイトレシオ】
・車両重量          : 1120kg
・チューン前 馬力: 180馬力
・チューン後 馬力: 235馬力

パワーウエイトレシオ変化 : 6.22kg/PS → 4.77kg/PS( 本当?!)

 

 

<前提条件>

① 595 Competizione、H30(’18/12)年式、フェーズ4、右ハン/MT

② 当方人生初ターボ車で、エンジン回りのチューニングも初。
なので、過度な期待をした状態。(脳内ハードル高)

 

 

<チューン後の感想>

これを書くのは本当に恥ずかしいのですが…。
過度な期待をして、脳内で+200馬力ぐらい上げちゃってたと思うんです。
だから・・・最初はそんなに変わらない気がしてました。

しょせん街乗りしかしていない(サーキット走行無し)事と、
素人のボーヤである事を前提にお読みください。

 

<2021/5/9 訂正>

しばらく経過しまして、感想を追記します。
相変わらずサーキット走行等はしていないので、
あくまで街乗りや、山道、高速道路での感想になります。

ノーマルと乗り比べてないので、「差」としては明確には分かりかねますが、
やはり格段に加速は良くなっていると思います。
(後ろから蹴飛ばされる感じが強化されている)

 

ただし、扱いが若干むずかしくなった気がします。
回転数が美味しい上げ方をしないと、上記のような加速をしません。

例えば、だらっと回転足らずでじわじわベタ踏みしてると
ブーストが上がりらずに、途中で「ハンチング」というのでしょうか? 
「ウワンウワン」と回し過ぎてリミッターがかかった時の様な
ノッキングを起こす様になりました。

また、上記のハンチング現状は、回転数は合っていても、
道路の段差とかを拾って、一瞬アクセルの開度が変わるだけでも発生します。

ですが、回転数さえちゃんと合わせれば、
暴力的な加速を味わえる様になったのは間違いないと思います(^^)v

 

【エンジンルームの感じ】

改造前後のエンジンルームの写真がこちら↓↓↓
 Before

 After

かなりカッコよくなりました!!!

 

【走りの感想】

Race Chip 初期設定5の時
全体的に、ひと回り加速が鋭くなった感じ
たぶん、下の方のダルさも改善されている。

 

Race Chip 設定7の時
…なんか5と思ったほど変わらない?
1速や2速のベタ踏みフル加速で、ブースト掛かり始めると
タイヤが空転して「キャキャ!」って鳴りだす程になったのに、
不感症な私には「純正からあんまり変わらない」としか思えていない。。。

 

街乗りではあんまり分からないのかも。
・・・といいつつ、下の方のタルさは絶対改善されてると思う。
純正と乗り比べれば、ハッキリ分かると思うのですが・・・

 

 

 

【エンジン・エラー無し】

Race Chip設定5と7共にエラー表示なし

一連のチューニング後、約半月/470km走行しました。
ほとんどモード7のままです。

※しなしながら、半年~1年掛けてエラーを蓄積すると聞いた事があります。
換えて直ぐにエラーが出なくても安心できませんので、ご注意を。

 

 

【吸気音】

そんなに思ったほど大きくありません
初めての毒キノコで、すんごい期待してたけど、
心のどこかで「まぁでもこれくらいの感じの音量じゃないのかな?」って
思っていた通りの音でした。

 

【ブローオフ音】

Orque Bonalume 強化ディバーターバルブは、ブローオフon/off が切替可能です。
(内気循環/大気解放を任意で切替出来る)

 ブローオフ「off」

基本、大気解放はやっちゃいけないのでoffにしています。
(つまり常時内気循環 = ブローオフ音はナシ)
※赤いレバーが手前にあると、内気循環モードです。

 

試しにちょこっとだけonにした音の感想は、
これまた「想像通り」の音量。 ブローオフ「on」

※赤いレバーが奥で見えないと、大気解放モードです。

 

音の感じは「プシューーー」です。
「パシィィィ!」とか、「パチュンッ!」では無いです。

あと、ブローオフ内部循環にしてても、エアクリーナーって
アクセルオフにすると、シュゥゥゥ⤵って
ちょっぴりブローオフっぽい音するんですね。

 

 

<総評>

まちがいなく早くなったと思います。
でも鈍感な私は熱く語れません。

多分、今「どノーマル」と乗り比べたら、相当違いを感じると思うんです。
次回ディーラーでオイル交換とかする時に、出来れば試乗させてもらって
再度レビュー記事にしたいと思います。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 




カテゴリー: ABARTH 595 快適化 | コメントする