「更なる」ルームランプをLED化 ☆ 失敗!!!

前回のルームランプのLED化で味をしめまして。。。

・やっぱ明るいのは良いなぁ、と。

・だけどオレンジ過ぎて、高速のトンネルの中みたいだなぁ、と。

 

<欲張って、更に明るいLEDを購入>


↑↑↑で、昔MPVやモビリオに付けてた超明るくて、
いい感じに電球色だったLEDの強化版を購入!

※取付画像は前回同様なんで、割愛します。

 

 

<取 付 結 果>

で、取付完了。電球色で白すぎず、明るくていい感じでした。

↑↑↑   Before   ↑↑↑

 

↑↑↑   After  ↑↑↑

 

一見大成功。 ・・・が、しかし。

 

 

<ゴースト現象発生>

前回のLEDと異なりエンジンを切っても、LEDが点灯しっ放しです。

←エンジンoffで光る

ルームランプには通常点灯しないレベルで微小の電流が
流れているそうで、ドア開けたら光るのもその為だそうです。

 

…で、電球なら光らないレベルの電流も、LEDだと拾ってしまい
ご覧のように光ってしまうそうです。
先に付けた方のLEDは対策がバッチリの回路になってる様ですが、
今回のは対応しきれず・・・でした。

 

元のLEDに戻して今回は諦めです。
残念!

カテゴリー: ABARTH 595 快適化 パーマリンク

2 Responses to 「更なる」ルームランプをLED化 ☆ 失敗!!!

  1. リー君と一緒! のコメント:

    おはようございます
    LEDってただ変えたら良いってもんじゃないんですね!初めて知りました。それにしてもルームランプ、消灯時も微小電流が流れてるってどうなの?って思っちゃいます。ドア閉めた後、ゆっくり消えてゆく様になってるからかな?
    今の車は、バッテリーには辛そうな感じですね

    • syukakutaro のコメント:

      リー君と一緒! さん
      自分もこの手の現象にあったのは初めてです。
      とは言え、常時電源とゆーやつで、時計がエンジン切っても止まらなかったり、ドア開けるとライトが光ったりする為の電源が流れてると言われれば、うなづけちゃいますね。

      とりあえず、オレンジ色の光の中で過ごしてます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。