ABARTH 595 Competizione 燃費簿 12 (’19. 10.07)

当方アバルトは、595 Competizione、H30(’18/12)年式、フェーズ4、
右ハン/MTになります。 皆様の参考になれば幸いです。

(2019. 10. 07)、納車して12度目の給油をしました。
総走行距離: 3145   km
走行距離 : 271.3  km
給油量  :  30.08 ℓ
燃費   :   9.02 km/ℓ

走行時間  : 12時間23分
総走行時間 :154時間20分
※上記データは全てスポーツモードでの走行になります。

ちょっと暑い日にエアコン&アイドリング昼寝すると、
一気にこのザマです。。。
でも何とか9キロ台をキーーープ!!!!

 




カテゴリー: ABARTH 595 燃費 タグ: , パーマリンク

6 Responses to ABARTH 595 Competizione 燃費簿 12 (’19. 10.07)

  1. リー君と一緒! のコメント:

    おはようございます
    収穫さん、車でお昼寝してるんですね!それはエアコン必須ですね!だいぶすずしくなってきたので、もう少ししたら、アイドリングも要らなくなりそう・・・燃費も期待ですね
    明日から台風の影響が出ますね。お気をつけて!

    • syukakutaro のコメント:

      リー君と一緒!さん
      そうなんです~。仕事がらプチ出張が多いんで、早目に行って現地でちょくちょく昼寝するんです。
      ZILの時は超快適でしたが、アバルトはそうは行きませんね。
      (そもそもシートすら最後まで倒れない機構なんで ^^;)


      コレまではエアコン無しは夏場だったんで無理でしたが、
      ここからの季節はタップリ燃費稼ぎますよ~(^_^)v


      台風は土曜がピークで、今回は東海地方に直撃しそうですね。
      今のうちに備えておきます~m(__)m

      • リー君と一緒! のコメント:

        こんにちは
        ZILでは、お昼寝快適ですよね!それに比べれば、どんな車でも快適は太刀打ちできないでしょうね。エアコンのためのアイドリングもいらないし・・・

        明日から大阪ではキャンピングカーフェアです。
        台風でどうなることやら・・・

        • syukakutaro のコメント:

          リー君と一緒!さん
          >ZILでは、お昼寝快適ですよね!
          ・・・失ったものは大きいですT^T

          大阪のキャンピングカーフェアは無事に開催されたでしょうか?
          こちら名古屋地区は、幸い思った程の被害はなく、平穏でした。
          (とはいえ、関東方面は引き続き大変ない事態が続きそうですね…)

          • リー君と一緒! のコメント:

            おはようございます
            キャンピングカーフェア、ちゃんと開催されました。さすがに人が少なく、ゆっくり見れました。V670も市販バージョンをしっかり見てきました。ベッドのクッション、とてもいい感じでしたよ!
            重要情報としては、年内にマツダボンゴの生産中止を受けて、バンテック ではCydaはラインナップから消えました。ロータス社のマンボウも、今のモデルは終了で、次のモデルを開発中のようです。(カムロードベースになるとの噂があるようです)AMITYも今のモデルは終了確実で、こちらは、タウンエースベースになるとの噂です。nuts RVのmushは展示を見ると、ラインナップ落ちのようでした。

            • syukakutaro のコメント:

              リー君と一緒!さん
              ずいぶん御無沙汰してしまいました!
              せっかくメッセージ頂いてたのにスミマセンm(_ _)m

              こちらも先週末にキャンピングカーフェアがありましたよ~。
              行こうか迷いましたが、止めておきました。空しくなりそうだから・・・^^;

              V670出ましたね~。バンテックのHPでチラっと見ました。
              しかし、フィアットが「日本向けRHDを売るのやーめた!」って言ってたのに
              良く実現しましたね。フィアットの気が変わったのかな?!

              それと年内ボンゴ打ち切りの件はビックリしました。
              正直ボンゴの古臭さと非力さでは購入意欲が沸かなかったのですが、
              もし新型の、カッチョイイ&パワフルなボンゴが出たら、
              ライトキャブコンの試乗も一気に華やかになりますね。

              かく言う自分も、収穫丸ロスであえぎながらも、何とかキャンピングカー乗りに
              返り咲きたく、「ライトキャブコンなら・・・」とか夢見てる一人なんで、
              マツダには期待です!

              暫くサボりましたが、またボチボチ記事アップします(たぶん)ので、
              またたまに寄っていただければ幸いです。

              それでは~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。