レガードと車椅子の親和性

昨年7月にキャブコンの魅力に気付いて以来、もっぱらバンテックに焦点を絞って検討しておりましたが、今年の春の名古屋キャンピングカーショーで、初めてレガードの実車に遭遇、久々の衝撃でした。

 

1.  名古屋キャンピングカーショーへ行った目的
この時期には、既にZIL 5に心を決めており、当日ショーに行った理由も、車椅子を車両に載せるトライを実施する為でした。

2. ZIL5と車椅子の相性
結果は予想通りの「〇」でした。
本人がリアエントランスから乗車したのち、半分に折りたたんだ車椅子をリアエントランスから載せます。

f:id:trotro75:20170803220423j:plain
キッチンエリアに何らかの固定金具をセットしなければなりませんが、何とかなりそうです。

ちなみに残念だったのは、車両左下の収納BOXにはとても入りそうになかった事です。。。。

 

10-3 レガード現る!!!
ZILへの車椅子搭載トライも終わり、用事も済んだのですがしばらく会場をブラブラ。

LTキャンパーズさんのブースでレガードneo+の実車を発見。
元々、レガートの存在は知っていて、

1)カッコイイ外観
2)足回り重視でフラつかない(だろう)

といった程度の認識しかありませんでした。

しかし、実車見るとカッコイイっすね~。
しかしそれ以上に驚いたのが下記の利点です。

3)二段ベッドの1段目が低く、車椅子の子でも楽々ベッドイン可能!
4)二段ベッドの1段目が低い為、必然的に二段ベッドの頭上広々!

5)トランクルームへの扉が大きく開き、車椅子を入れやすそう!
後ろから、横から、トランクドアがバックリ開く!!!

6)プルダウン式のベッドを下げても、まだダイネットでくつろげるレイアウト
7)なんかスンゲー最大安定傾斜角41°

特に我が家のニーズに合致したのが 5) です。
これなら雨で濡れた車椅子を室内に持ち込む必要も無さそう。
さっそくお店の方にお願いして、車椅子の搭載テストをさせて頂きました。

しかしながら・・・残念ながら我が家の車椅子にはイマイチ合いませんでした。。。

・まず期待した側面のラゲージドアは高さが足りず、車椅子が入りません。
・気を取り直した背面ドアは車椅子をたたんで横に向ければ、なんとかギリギリラゲージルーム内に車椅子が収納可能。(入り口が低いんで、地面に直接座ったり足をつきながら、何とか押し込めた感じ)

。。。しかし、よーく考えたら雨の日に地面にかがみながら車椅子積んだら自分はビタビタに濡れちゃいます^^;

非常ーーーーに魅力的な車両だったんですが、やっぱり我が家にはZIL5が一番と実感できた一日でした

カテゴリー: ZIL 5 購入記, キャンピングカー パーマリンク

レガードと車椅子の親和性 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ZIL 5 快適化 (vol. 021) | 収穫丸(ZIL5)と行く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。