ZIL 5 燃費簿 0041 (2018. 10. 16)

当方のカムロードは、H30年式、ディーゼル、4WDになります。
皆様の参考になれば幸いです。

(2018. 10. 16)、納車して41目の給油をしました。

総走行距離: 18854 km
走行距離 : 452.1 km
給油量  : 10+58.61 = 68.61 ℓ
燃費   : 6.59  km/ℓ

ズバリ、先日ガス欠した後に、ガソリンスタンドで給油した際のデータです。

ZIL5 インプレッション #022 : ディーゼル車・ガス欠対処方法

 

 

<タンク容量って本当に80ℓ???>

ところで1点、腑に落ちないことがあります。
それはガソリンタンクの容量です。
バンテックのHPをみても、ハッキリと80ℓとあります。
http://www.vantech.jp/lineup/base_camroad/

ズバリ、80ℓも無くない???

そもそも今回ガス欠した理由は「あと10ℓ=60kmは走れるはず」との
考えがあったからです。

 

 

何故そう考えた?

だって、今までの燃費簿を見て頂いても解るように、
70ℓ以上給油した(出来た)事がありません。
その状態で、ガソリンのゲージは最後の1目盛が点滅した状態。
とゆー事は、ゲージ0になってから 「10ℓ残ってるのかな?」って思ってました。

 

現に今回はガス欠して10ℓロードサービスに給油してもらい、
2~3km先のスタンドで給油したのですが、入った量は58.61ℓなんです。
つまり、満タンで68.61 ℓ。。。

のこり10ℓはどこ行った?????

 

できれば、皆様の中で70ℓ以上給油できた方がいらっしゃいましたら、
是非ご教示くださいm(_ _)m

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 




カテゴリー: ZIL 5 燃費簿 タグ: , , , , , , パーマリンク

ZIL 5 燃費簿 0041 (2018. 10. 16) への18件のフィードバック

  1. リー君と一緒! のコメント:

    こんばんは
    ほんと、給油量少ないですね!なぜ?
    リー君は、給油口ギリギリまで給油して、警告灯がついてから20kmくらい走って入れた時、70l以上入ったことありますよ!給油のレシート、今探せないので、2週ほど待ってください。見てみます。

    • syukakutaro のコメント:

      リー君と一緒!さん
      そうなんです、少ないんです。。。
      ひょっとして、「普通のトラックのトヨエースのタンクが間違って付いてるんじゃないか!?」って
      本気で疑ったんですが、あちらは60ℓタンクなんで、それも無いんですよね。。。

      でも、一緒さんは過去に70ℓオーバーしたことあるんですかぁ。。。
      実際どうなんだろう???? 2week後で構いませんので、
      是非給油量をご教示ください~^^

      • リー君と一緒! のコメント:

        こんばんは
        給油記録ではないのですが、K-Gさんのブログのコメントがありました。
        74Lほど入ったみたいです
        http://blog.livedoor.jp/keegee/lite/archives/10281884/comments/595237/

        • syukakutaro のコメント:

          リー君と一緒!さん
          ホントだ。やっぱり皆さん70ℓ以上はいるんですね。
          そうなると、ますます自分のタンクがおかしいのかなぁ?って心配になっちゃいますねT^T
          今度近所のディーラーに相談してみようかな。。。

          もうちょっと皆さんの情報集めてみて、やっぱり差が感じるようであれば、実行してみます~

          • リー君と一緒! のコメント:

            おはようございます
            ギリギリまで給油することが多い私の経験では、セルフで給油してると、自動で給油が止まってから、給油口ギリギリになるまで、6~8Lは入ります。軽油って割と泡が立ちやすいらしく、泡で給油が止まり、だいぶ少ないところで止まってるんじゃないか?って思います。継ぎ足しすると、泡ばかり給油口に出てきます。

            • syukakutaro のコメント:

              リー君と一緒!さん
              >自動で給油が止まってから、給油口ギリギリになるまで、6~8Lは入る
              >軽油って割と泡が立ちやすいらしく、泡で給油が止まり、だいぶ少ないところで止まってる

              マジですか!? 全然知りませんでした。。。
              皆さんの意見から想像すると、やっぱりタンク容量がおかしいんじゃなくて、
              単に私がギリギリまで入れてない・・・って可能性が高そうですね。
              次の給油はギリギリまで渡来してみます。多分、自分自身の過失な気がしてきました^^;

              次回給油のレポートを楽しみにお待ちくださいませ~

  2. のほほん のコメント:

    お早うございます

    そもそもトラックの燃料タンクは
    満タン法では 正確に測りにくいですね
    ただ 自分も今回のタロウさんの件は
    疑問ですね
    普通は80Lのタンクなら85L位は
    マックスでいける事が多いですよね

    先日の富士旅行ではリッター 9㌔位に
    なりましたので 入れ方の違いで変わるなぁと
    思います
    旅行先のスタンドならキリキリまで入れるし
    自分は止まった時点で終わり 笑

    • syukakutaro のコメント:

      のほほん さん
      富士旅行9km/ℓ台ですか!?
      同じ3.0/4WDなのに、この差は何????
      超うらやましいですT^T

      タンク容量の件は、やっぱ同考えてもおかしいですよね。。。
      のほほんさんもギリギリで給油されることがあれば、
      何ℓ入ったか是非ご教示ください~。

  3. はとポッポ のコメント:

    こんにちは。

    カムロードのガス欠の貴重な体験談ありがとうございます。大変でしたね。
    ディーゼル車はガス欠にしてはいけないと旦那が言ってて、我家はいつも早めに給油しちゃうのですが、先日の長距離旅行時に燃料計の点滅までいきました。その後にすぐに給油できたのでガス欠には至らなかったのですが、その時は68.8lで、給油はスタンドの方が行いました。

    我家のカムロードはほぼ旦那によるセルフ給油ですが、旦那が給油すると、こぼれるまで給油する(よくこぼしてます)のですが、点滅状態でうちの旦那が入れると80近く入りそうです。

    先日の長距離旅行で感じたのですが、西の方では、セルフスタンドでの給油で継ぎ足しができない所が多く、いっぱいまで給油できませんでした。関東のセルフスタンドでは、継ぎ足し継ぎ足しでこぼれるまで給油できるので、完全に満杯にすることができるように思われます。(地域ではなくスタンドの系列なのかな?)

    想像ですが、カムロードは給油の自動停止しでは、メーター上は満タンでも、タンク内は満タンになっていなく、80l給油するには自動停止後にかなりの量を継ぎ足し給油する必要があるのではないかと考えます。

    追伸
    いつも拝見させていただいているのですが、コメントの機会がなく、ご無沙汰してしまいました。引続き、よろしくお願いします。
    あと、クッキー君の情報もお願いします。

    • syukakutaro のコメント:

      はとポッポさん
      こちらも楽しく拝読させて頂いてます^^
      そして同じく読みっぱなしでコメント出来てなく申し訳ありません_| ̄|○))ペコ

      しかし、ガス欠であんな大変な思いするとは思いませんでした。
      今回は夜の閑静な住宅街の道路で交通量も少なかったから良かったですが、
      高速等でやってたらと思うとゾッとします。。。

      旦那さまは「ディーゼルのガス欠ダメー」についてご存知だったんですね。
      DIYテクといい、豊富な知識といい、だいぶお詳しいですね。

      そして点滅時点でこぼれるほど入れると80近く行くんですか。
      確かにこぼれるまで入れず、スタンド給油機の自動停止で終わらせてます。
      (それが原因か!?)
      次回給油時は「溢れる覚悟」で注ぎます/)`・ω・´)

      ちなみに文章で記載頂いた「継ぎ足し給油が出来ない」とは、
      「一回機械が給油を止めたら or 主導でレバーを離したら、
      もう続きは給油できない。それで 終了」って意味でしょうか?

      ふーむ、、、そうなんですか!? 知りませんでした。
      そいつぁ不便ですね! とりあえず名古屋エリアはそんなんじゃないので、
      安心してお越しください(笑)

      PS.
      あ、そうそう!クッキーの件!! 最近ぜんぜん触れてませんでしたねσ(^_^;
      もう元気過ぎて困るほどのヤンチャっぷりす(#^_^#)
      ただ二世帯住宅親の世帯にいるんで、仕事から遅く帰るとなかなか接する時間が取れないんです(T_T)
      近々折を見て大きくなったクッキーを紹介しますね(*^^*)

      • はとポッポ のコメント:

        収穫@タロウさん 、こんにちは。

        や~本当に高速とかで無くて良かったですね。

        旦那に確認したら、「継ぎ足し給油が出来ない」は、「機械が満タンと判断して給油を止めた」後だそうです。「手動でレーバーを離す」のはしていないのでわからないとの事でした。
        今回この現象は3回あったのですが、2回は広島県内のSOLATO太陽石油で、もう一回は全く思い出せないそうです(山口県のエッソ石油?)。

        旦那は埼玉の田舎の農家育ちなので(私は広島の山間部育ち)、昔実家でトラクターなどのディーゼルエンジンの農機車を使っていたので知ってたようです。(今は農機具扱えないですが)
        快適化はいろいろな方のブログ等を参考にして真似しているだけですが、何かやると何か壊すみたいな感じで、最近はほとんどしてません。
        愛知県はいっつも通り過ぎるだけで、観光した事が無いのですが、色々と魅力的な場所があり、機会があるときにぜひ行ってみたいと思っています。

        クッキー君の記事楽しみに待ってますので、時間のある時によろしくお願いします。

        • syukakutaro のコメント:

          はとポッポさん
          なるほど、旦那さんはそれで色々と知識がおありなんですね。
          しかし、DIYをお手伝いされる はとポッポさんの知識・スキル・度胸を
          拝読してる限り、 はとポッポさんも実は元整備士とか、
          只者じゃない予感がしてるのですが・・・いかがでしょうか?!

          そして最近はDIYはお預けなんですね。。。
          少し前にupされてた、エンジンパワーをアップさせる装置。
          アレの効果っていかがだったんでしょうか? 失礼ながら、
          イメージ的には、アムロがサイド6で父から渡された装置的な感覚で見てました^^;
          (↑↑↑意味不明な上、意味が分かると大変失礼な表現です。お許しください)

          次回愛知県を通過される際は、チャンスがあれば是非ともプチ・オフ会がてら
          お互いの車を見比べて車談義してみたいですね#^^#
          名古屋メシがお迎えします! キーワードは「にんにくピラフのホワイトソースがけ」です!

          クッキーは・・・今日も元気にガブガブ噛んで来ます^^;
          近々紹介しますね~。

  4. みっちゃん のコメント:

    収穫さん、こんにちは。
    そういえば、収穫さんの車のアイドリング回転数はどれくらいですか?僕のは800回転位ですが、あまり高いようでしたら調整してもらったほうがいいかもしれませんね。
    アイドリングだけで燃費が変わるか分かりませんが…
    あまりにも悪いのでふと思ったんですけどね。

    • syukakutaro のコメント:

      みっちゃん さん
      アイドリングですか、、、うーん今ぱっと思い出せませんが、
      明日チェックしてみます。
      ノーマルアイドリングで800回転って、結構低い気がしますが、
      そんなもんなんでしょうか? もうちょっと高い気がしますね。

      調べてみまーす^^

  5. Alcedo のコメント:

    プライミングポンプの件をネットで検索していたら、ディーゼルの燃料切れエンジンストップの要因に、燃料タンク内での燃料の偏りも挙げられていました。

    燃料が少なくなっている時に上り坂(下りかもしれない)でカーブを切ると、一時的に燃料パイプに空気が入り、それで燃料ポンプが燃料を吸えなくなるようです。
    ディーゼルは燃料タンク側ではなく、エンジン側に燃料ポンプがあるせいでこの様な事が起きるらしいです。

    カムロードじゃなくてハイエースの方ですが、5Lの給油ではいくらポンピングしてもエア抜きが出来ず、更に5L追加してやっとエンジンがかけられたそうですので、燃料循環系のロス分が10L近く有るんじゃないかと思います。

    ちなみに、過去のZIL480時代を含めて最高に入ったのは71.6Lでした。

    • syukakutaro のコメント:

      Alcedoさん
      ふむふむ、参考になります!
      確かに仰るとおり、なだらかな下り坂を折りきった交差点を右折して、
      一気に上り坂に差し掛かり、アクセルを踏み込んだ直後のガス欠でした!

      となると、実際はガス欠じゃなくエアの入り込みだった!? のかも知れませんね???

      480時代は71.6Lですか。うーん、やっぱりそんなに入ってはいないんですね!?
      こちらも次回の給油時は色々と試してみたいと思います^^
      次回の給油レポートを是非お楽しみお待ちください~。

      • Alcedo のコメント:

        もう一つ、ディーゼル特有で忘れがちな事に、予熱があります。
        イグニッションをオンにすると、メーターに赤いコイルのマークが出てすぐに消えます。これが予熱です。

        ディーゼル燃料は凍りやすいので、ある温度以下になると予熱で溶かしてやらないとエンジンがかかりません。
        外気温がマイナス20度くらいになると、予熱マークがなかなか消えないようになります。

        いずれにしろ3号軽油を入れてないと、予熱どころじゃないですけど(笑)

        エンジンがかかる程度の寒さでも、FFヒーターの循環系は凍りやすく着火不良になるので、寒いところに行くときはなるべく早くタンク内を3号もしくは特3号に入れ替えてやる必要があります。
        過去に3号75%くらいの割合の時に、外気温マイナス11度でFF
        ヒーターがストップした事があります。

        • syukakutaro のコメント:

          Alcedoさん
          あ!そのコイルマークの件は、K-Gさんのブログで勉強したことあります!
          でも実際エンジンかけるときは、ついつい待たずにグイッとキーを回しちゃうんですよねσ(^_^;

          真冬にFFヒーターが停止しちゃうのはキツいですね。
          軽油の種類でも色々な弊害が有るんですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。